インドの科学者が南極で植物種を発見

インドの科学者は、南極で代替植物種を発見しました。

極地の生物学者は、2017年に氷に覆われた大陸への遠征中に、ある種のコケに遭遇しました。

同定は骨の折れる作業であり、科学者が種が初めて発見されたことを確認するのに5年かかりました。

この発見を説明する査読付きの論文は、主要な国際ジャーナルであるJournal of Asia-PacificBiodiversityに受け入れられました。

パンジャブ中央大学に本拠を置く生物学者は、この種をBryumBharatiensisと名付けました。バラティは、ヒンドゥー教の学習の女神であり、したがって、インドの南極観測基地の1つの名前です。

インドの科学者による36回目の大陸への6か月間の遠征に参加した生物学者、フェリックスバスト教授は、2017年1月に南極海を見下ろすラルセマンヒルズで濃い緑色の種を発見しました。これは近くにあります。世界で最も遠い研究ステーションの1つであるバラティ。

植物が生き残るためには、カリウム、リン、日光、水とともに窒素が必要です。南極大陸のわずか1%が氷を含まない。「大きな問題は、この岩と氷の風景の中でコケがどのように生き残るかということでした」とバスト教授は言いました。

科学者たちは、この苔は主にペンギンが大量に繁殖する地域で成長することを発見しました。ペンギンの糞には窒素が含まれています。「ここの植物はペンギンの糞で生き残ります。それはこの気候の間に肥料が分解しないのを助けます」とバスト教授は言いました。

日光はどうですか?科学者たちは、日光がなく、気温が-76℃まで下がる冬の6か月間、植物が厚い雪の下でどのように生き残るかをまだ完全には理解していないと言います。

科学者たちは、この時点で苔は「休眠期まで乾き、ほぼ種になる」可能性があり、9月の夏に再び日光が当たると再び発芽すると言います。乾いた苔は雪解け水を吸収します。

サンプルを収集した後、インドの科学者は5年間、植物DNAの配列を決定し、その形態を他の植物と比較しました。これまでで最も乾燥し、最も寒く、最も風が強い大陸である南極大陸から、100種以上のコケが記録されています。

科学者たちが心配したのは、遠征中に見た地球規模の気候変動の「警戒の証拠」でした。彼らは、氷床の上に溶ける氷河、クレバスがはびこる氷床、氷河の溶ける水湖を見つけたと言います。

「南極大陸は緑化されつつあります。この凍った大陸では以前は生き残れなかった多くの温帯植物が、大陸からの温暖化のために今では至る所で見られます」とバスト教授は言いました。

「南極大陸が緑化していたという発見は気がかりでした」と、バラエティ1の生物学者であり、したがってパンジャブ中央大学の管理者であるRaghavendra PrasadTiwari教授は言いました。「厚い氷床の下に何があるのか​​はわかりません。加熱によって氷が溶けると、病原性微生物が出現する可能性があります。」

インドが大陸内の検索ステーションを最初に発見して以来、40年以内に植物種を発見したのはこれが初めてです。

最初のステーションは1984年に発見され、氷に沈められた後、1990年に放棄されました。MaitriとBharatiの2つのステーションは、1989年と2012年に稼働を開始し、年間を通じて運用を続けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です