日本:東京オリンピックで非常事態宣言がCovid CasesSpikeとして宣言されました

日本は、コロナウイルスと戦うために、オリンピックを通して走ることができる非常事態を東京で宣言しました。

菅義偉首相は記者団に対し、8月22日までその場にとどまると語った。

大臣は、バーやレストランはアルコールを提供することを許可されておらず、20:00(11:00 GMT)にアクセスできる必要があると発表しました。

7月23日の開会式が間近に迫ったため、東京ではコロナウイルス感染が増加しています。

日本では大会の延期や中止を求める声が広まっている。

首相は、「コロナウイルス変異体の影響を考慮し、感染が州内に二度と広がらないように、対策を強化したい」と述べた。

「そういうことで、東京に非常事態宣言を出します。」

伝えられるところによると、主催者はほとんどのオリンピックイベントからファンを排除することも検討しています。

発表は、組織委員会、政府、そして日本に到着したばかりの国際オリンピック委員会委員長のトーマス・バッハが集まった後に行われました。

オリンピックは7月23日から8月8日まで日本の首都で開催される予定です。パラリンピックは8月24日から9月5日までです。

日本のCovidはどうなっているのですか?

新たな感染の波が4月に始まりましたが、国全体では症例数は比較的少なく、価格は約14,900です。

水曜日に、国内で2,180件の新しい症例が報告されました。これらのうち約920は東京にあり、先週の714から増加し、5月13日の1,010以来最高です。

日本の予防接種の展開は遅れており、国の15%強が完全に予防接種を受けています。デルタバリアントの脅威に対する懸念が高まっています。

最近の急増で最も打撃を受けた東京と大阪では、当局は65歳以上の人々が7月末までに完全にワクチン接種されることを望んでいます。

英国を含む159カ国からの外国人による日本への入国は現在禁止されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です