東京都 新型コロナ 304人感染確認 前週の日曜日より47人少なく

東京都内では13日、新たに304人が新型コロナウイルスに感染していることが確認され、1週間前の日曜日(6日)より47人少なくなりました。

感染者の中で一緒に旅行をして2人が感染した事例があったことから、都は、不要不急の外出の徹底を改めて呼びかけました。東京都は、13日、都内で新たに10歳未満から90代までの男女合わせて304人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。12日は先月13日以来、30日ぶりに前の週の同じ曜日を上回りましたが、13日は、1週間前の日曜日(6日)より47人少なくなりました。また、13日までの7日間平均は前の週の90.1%に当たる384.1人で、4日連続で400人を下回りました。

13日の304人の年代別は、
▽10歳未満が13人、
▽10代が25人、
▽20代が99人、
▽30代が63人、
▽40代が43人、
▽50代が28人、
▽60代が14人、
▽70代が10人、
▽80代が8人、
▽90代が1人です。

これで都内で感染が確認されたのは16万6369人になりました。また感染が確認された中に、友人どうしで旅行中に2人が感染した事例があったことから、都の担当者は「緊急事態宣言中なので、旅行は自粛してほしい。自粛疲れがあるとは思うが、油断せずに、本当に必要な外出なのかを見極めてほしい」と話していました。13日時点で入院している人は12日より1人減って1483人で、「現在確保している病床に占める割合」は26.5%です。方、都の基準で集計した13日時点の重症の患者は、12日より1人増えて47人でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です