EUは、日没条項の追加に加えて、英国へのデータフローを承認します

EUから英国への個人データの流れは、欧州委員会が2つの「データの妥当性」の決定を採択した後も継続します。

決定には日没条項が含まれています。つまり、4年後に期限が切れます。

委員会によると、英国が適切なレベルの知識保護を確保している限り、それらは更新されるという。

英国の企業は、ブレグジット後の移行期間が今月満了した後もデータの流れを維持するために、EUのカウンターパートと費用のかかる代替計画の作成に直面していました。

この協定は、より広い欧州経済領域の国々からのデータも対象としています。

司法長官のディディエ・レンデルスは、適切性の合意は「円滑な貿易と犯罪との効果的な戦いにとって重要」であると述べた。

この決定を歓迎し、英国政府は「個人データの世界的および国境を越えた自由な流れを促進することを計画している」と述べた。

「将来のすべての決定は、イノベーションを最大化し、進化するテクノロジーに追いつくものに基づいて行われます」と付け加えました。

CBIの政策担当ディレクターであるジョン・フォスター氏は、この合意を画期的なものと呼びました。「データの自由な流れは現代経済の基盤であり、すべてのセクターの企業にとって不可欠です」と彼は書いています。

偏差なし

委員会はプレスリリースで、「英国のデータ保護システムは、英国がEU加盟国であったときに適用されたのと同じ規則に引き続き基づいている」という理由で決定に達したと述べた。

しかし、英国が現在の状況での保護の範囲から逸脱した場合、いつでも「介入」する可能性があると付け加えた。

一部の英国の政治家は最近、英国のデータ保護法の変更を主張しています。

イアン・ダンカン・スミス卿が議長を務めるイノベーション、成長、規制改革に関するタスクフォースから首相が委託した報告書は、次のように述べています。英国のイノベーション。」

EUは、「出入国管理」に使用される知識の移転を適切性協定から除外しました。

最近の控訴裁判所の判決は、移民に関するいくつかの英国のデータ規則がGDPRと互換性がないことを発見しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です