2026年までの世界のクランク軸位置センサー市場、規模、シェア、分析レポート&予測

世界のcagr市場は、予測期間中に大幅なCAGRで成長すると推定されています。 可変リラクタンス磁気センサは、クランクシャフト位置センサ(CPS)である。 これは、最も重要なエンジン管理システムコンポーネントの1つです。 センサーは内燃機関でクランク軸の位置か回転速度の制御のために使用される。 このセンサーの第一次機能目的は回転速度および速度(RPM)を測定することである。 クランクシャフトが回転する速度も記録されます。 この情報は、点火、燃料噴射、およびその他の主要なエンジンパラメータを調整するためにエンジン制御ユニット(ECU)によって使用されます。

無料サンプルコピー@https://www.omrglobal.com/request-sample/crankshaft-position-sensor-market

クランクシャフトは、回転機械の一部です。 センサは、モータのクランクシャフトの位置または回転速度を監視する電子デバイスである。 この情報は、エンジン管理システムによる点火システムおよびその他のエンジン特性の制御に使用されます。 このセンサーに動きの回転速度そして速度を指定する主要な役割があります。 それはまたクランク軸の回転速度を監察する。 エンジン制御の単位はそれから点火、燃料噴射装置および他の必要なエンジン機能を管理するのにこの情報を使用する。 これらのセンサーは自動車の需要が高いに現在あり、製造業者が運転者により多くの保証、信頼性、安全および情報を提供することを可能にする。 より多くの機能を追加し、他の競合他社と競争するために、電子機器メーカーは製品に多くのセンサーを追加します。

世界のクランクシャフト位置センサー市場の完全なレポートは、で入手可能です:
https://www.omrglobal.com/industry-reports/crankshaft-position-sensor-market

クランクシャフトセンサー市場は、これらのセンサーに設置されている車両の種類に応じて、乗用車、軽商用車、および重商用車に分けることができます。 これらのセンサーは誘導、磁気コレクターのクランク軸、ホール効果、磁気抵抗力がある要素および光学に分けることができます-作動の技術に基づく。 誘導センサーは小さい交流発電機として機能し、モータ速度を検出するECUに脈拍の頻度を送信します。 デンソーでは、2017年9月にトヨタとレクサス向けのクランク軸位置センサーを発売し、約550万台に到達しています。

世界のクランク軸位置センサー市場–Segmentation
タイプ別
線形位置センサー
回転式位置センサー
近接センサ
ホール効果センサー
磁気抵抗センサ
エンドユーザー別
自動車
航空宇宙
その他

世界の自動車部品市場–地域別の細分化
北アメリカ
アメリカ合衆国
カナダ
ヨーロッパ
ドイツ
イギリス
フランス
スペイン
イタリア
ヨーロッパのその他の地域
アジア太平洋地域
中国
日本
インド
その他のアジア太平洋地域
世界の残りの部分

会社概要
(株)アクデルコ
デルファイ-オートモーティブ-PLC
ロバート-ボッシュGmbH
(株)デンソー
ハネウェル-インターナショナル株式会社

よりカスタマイズされたデータについては、レポートのカスタマhttps://www.omrglobal.com/report-customization/crankshaft-position-sensor-market

オリオン市場調査について

オリオン市場調査(OMR)は、その鮮明で簡潔なレポートで知られている市場調査とコンサルティング会社です。 同社は、アナリストやコンサルタントの経験豊富なチームが装備されています。 OMRは質のsyndicated研究のレポート、カスタマイズされた研究のレポート、相談および他の研究基づかせていたサービスを提供する。

メディアへのお問い合わせ:

会社名:オリオンマーケットリサーチ
連絡窓口:氏Anurag Tiwari
電子メール:info@omrglobal.com
お問い合わせ番号:+91 780-304-0404

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です