世界のフィッシュコラーゲン加水分解物市場、規模、シェア、分析レポート&2026年までの予測

フィッシュコラーゲン加水分解物の世界市場は、予測期間(2021-2027)中に大幅なCAGRで成長すると予想されます。 魚のコラーゲンの加水分解物のペプチッドは健康に有利で、全面的な健康を改善するのに頻繁に利用されています。 顧客がより健康意識になり、彼らの毎日ルーチンの一部として補足を受け入れると同時に市場映像は明るくなっています。 さらに、組織再生および抗酸化特性による化粧品へのフィッシュコラーゲンペプチドの使用の増加は、世界のフィッシュコラーゲン加水分解物市場を駆り立てると予測されています。

無料サンプルコピー@https://www.omrglobal.com/request-sample/fish-collagen-hydrolysate-market

Nutraceuticals、医薬品、化粧品および動物栄養物のような異なった適用の魚のコラーゲンの加水分解物のための上昇の要求が原因で酵素方法を使用して魚のコラー 骨は、フィンや鱗よりも魚でより容易に入手可能です。 魚のコラーゲンの加水分解物は頻繁に毛およびスキンケアのための栄養の補足のカプセルそして化粧品項目に、特にあります。 その結果、栄養補助食品および化粧品業界におけるフィッシュコラーゲン加水分解物の消費者の意識の高まりは、市場の成長を促進すると予測され

世界のフィッシュコラーゲン加水分解物市場の完全なレポートはで利用可能です:
https://www.omrglobal.com/industry-reports/fish-collagen-hydrolysate-market

魚のコラーゲンは人々がそれらがヘルスケアでお金を貯めるのを助けるように補足を追求すると同時に人気で上がると期待されます。 魚のコラーゲン基づかせていた補足の販売は新しい配達方法、要求をバックアップする科学的な証拠および増加する消費者意識の出現によって スイスの多国籍Lonzaに代わって自然なマーケティングの協会(NMI)が行った補足のユーザーの調査に従ってドイツ、フランスおよびイタリアの10の顧客のうち7つは魚のコラーゲンの加水分解物のための市場を運転する共同健康プロダクトを購入することを考慮する。 骨、筋肉、関節の健康など、コラーゲンに関連する多数の健康上の利点に関する消費者の知識は、消費者に費用対効果の高い選択として魚ベースのコラーゲンサ 2021年1月、Darling Ingredientsはrousselotの商標で、フィッシュコラーゲンペプチドであるPeptanを発売しました。 このプロダクトはnutricosmeticsおよび栄養の補足のための市場への会社の記入項目を助ける。

世界のフィッシュコラーゲン加水分解物市場-Segmentation
ソース別


鱗(うろこ)
フィン
適用によって
食品-飲料
栄養補助食品
化粧品
医薬品
動物栄養
農業

世界の魚のコラーゲン加水分解物市場–地域別の細分化
北アメリカ
アメリカ合衆国
カナダ
ヨーロッパ
ドイツ
イギリス
フランス
スペイン
イタリア
ヨーロッパのその他の地域
アジア太平洋地域
中国
日本
インド
その他のアジア太平洋地域
世界の残りの部分

会社概要
新田ゼラチン株式会社
杭州栄養バイオテクノロジー有限公司 (株)
ルセロー
ゲリタ-アグ
ノーランドプロダクツ株式会社
(株)アミコーゲン

よりカスタマイズされたデータについては、レポートのカスタマhttps://www.omrglobal.com/report-customization/fish-collagen-hydrolysate-market

オリオン市場調査について

オリオン市場調査(OMR)は、その鮮明で簡潔なレポートで知られている市場調査とコンサルティング会社です。 同社は、アナリストやコンサルタントの経験豊富なチームが装備されています。 OMRは質のsyndicated研究のレポート、カスタマイズされた研究のレポート、相談および他の研究基づかせていたサービスを提供する。

メディアへのお問い合わせ:

会社名:オリオンマーケットリサーチ
連絡窓口:氏Anurag Tiwari
電子メール:info@omrglobal.com
お問い合わせ番号:+91 780-304-0404

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です