世界の自動車用コンフォーマルコーティング市場、規模、シェア、分析レポート&2026年までの予測

世界の自動車用コンフォーマルコーティング市場は、予測期間(2021-2027)中に大幅なCAGRで成長すると予想されます。 共形のコーティングは高湿度、変動の温度および空輸の汚染物質を含むかもしれない敵の環境からそれらを保護する電子回路のための保護カバーで コーティング層として25-75ミクロンのポリマーフィルムが使用される。 コンフォーマルコーティングは、高性能と信頼性の必要な組み合わせを提供するため、自動車産業で大幅に使用されています。 ウレタン樹脂、アクリル樹脂、エポキシ樹脂、シリコーン樹脂、パリレンは、コーティングのいくつかの例です。

無料サンプルコピー@https://www.omrglobal.com/request-sample/automotive-conformal-coating-market

自動車部門からのコンフォーマルコーティングの大規模な需要の発展は、市場の成長を加速させる重要なドライバーです。 成長は、消費者の期待の変化によって影響を受けると予想されます。 車両の安全性と規制要件が高まっており、高級機能には新しい車両が付属することが期待されており、メーカーは新しい保証要件を遵守する必要があ ソフトウェア支援、音楽プレーヤー、通信、およびあまり一般的ではないアプリの様々なを含むフルインフォテインメントシステムは、人気を得ています。 さらに、電気自動車やハイブリッド車などの新興動向、アジアを中心とした自動車全体の販売の増加、自動車当たりの電子コンテンツの増加などが市場の成長を牽引しています。

世界の自動車コンフォーマルコーティング市場の完全なレポートは、で入手可能です:
https://www.omrglobal.com/industry-reports/automotive-conformal-coating-market

新しい車両の車内空気品質システムでは、センサーを使用して車両室に入る有害化学物質を検出し、見つかった場合はすぐに入口空気室を密閉します。 雨センサー、アンチロックブレーキシステム(ABS)、暖房、換気、空調(HVAC)制御、自動調光ミラー、エアバッグ作動は、自動車部門のセンサーのためのいくつかの用途です。 安全および贅沢な快適さのための顧客の増加する欲求は製造業者を中間区分車に同様にこれらの要素を含めるように促した。 高温で機能するためには、これらのセンサには保護コンフォーマルコーティングシールドが必要であり、自動車コンフォーマルコーティングの採用を推進しています。

グローバル自動車コンフォーマルコーティング市場–Segmentation
材料によって
アクリル
シリコン
パリレン
エポキシ
ポリウレタン
コンポーネント別
ECU
PCB
センサー
電池の包装
LED
インフォテインメントシステム
車種別
乗用車
軽商用車
大型商用車

グローバル自動車コンフォーマルコーティング市場–地域別セグメント
北アメリカ
アメリカ合衆国
カナダ
ヨーロッパ
ドイツ
イギリス
フランス
スペイン
イタリア
ヨーロッパのその他の地域
アジア太平洋地域
中国
日本
インド
その他のアジア太平洋地域
世界の残りの部分

会社概要
ダウ-ケミカル-カンパニー(Dow Chemical Co.
(株)ヘンケルコーポレーション
(株)チェイス

よりカスタマイズされたデータについては、レポートのカスタマhttps://www.omrglobal.com/report-customization/automotive-conformal-coating-market

オリオン市場調査について

オリオン市場調査(OMR)は、その鮮明で簡潔なレポートで知られている市場調査とコンサルティング会社です。 同社は、アナリストやコンサルタントの経験豊富なチームが装備されています。 OMRは質のsyndicated研究のレポート、カスタマイズされた研究のレポート、相談および他の研究基づかせていたサービスを提供する。

メディアへのお問い合わせ:

会社名:オリオンマーケットリサーチ
連絡窓口:氏Anurag Tiwari
電子メール:info@omrglobal.com
お問い合わせ番号:+91 780-304-0404

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です