目撃者へのバイオ潤滑油市場の販売台数は、近い将来に成長を高めました

バイオ潤滑剤市場:はじめに

潤滑剤は、機械部品の潤滑に使用される物質です。従来の潤滑剤は、一般的に石油ベースの原料を使用して製造されます。しかし、生態系に有害な影響を与える石油ベースの潤滑油の使用に対する懸念が高まっているため、石油原料への依存を減らすために、石油ベースの潤滑油の持続可能な代替品の開発に重点が置かれています。バイオ潤滑剤としても知られているバイオ潤滑剤は、生分解性で無毒の潤滑剤です。生体潤滑剤は、一般的に菜種油、ひまわり油、パーム油、菜種油、動物性脂肪などの原材料を使用して製造されます。バイオ潤滑剤は、毒性がなく、再生可能で、カーボンニュートラルで、環境にやさしいという点で、従来使用されている石油ベースの製品に比べていくつかの利点があります。高い引火点と高い安定性により、生体潤滑剤は従来の潤滑剤よりも比較的安全に使用できます。生体潤滑剤は、自動車、船舶、建設など、さまざまな業界でさまざまな用途に使用されています。

世界のバイオ潤滑剤市場:マーケットダイナミクス

世界のバイオ潤滑剤市場の主な推進力は、特に先進国において、環境への懸念の高まりと従来の潤滑剤の使用に対する厳しい規制です。バイオ潤滑剤の環境にやさしい性質と急速な分解性により、従来の石油ベースの潤滑剤よりもはるかに優れた代替品になります。北米やヨーロッパなどの地域での潤滑油の消費は、特に海洋、林業、農業などの用途向けの厳しい規制に準拠しています。バイオ潤滑剤の使用を義務付けるそのような規制は、予測期間中にこれらの地域でのバイオ潤滑剤の消費を推進するのに役立つと期待されています。

製品フットプリントの強化に関する詳細な洞察については、   https://www.persistencemarketresearch.com/samples/12157

バイオ潤滑剤-市場

ただし、限られた範囲の十分に開発されたアプリケーションは、予測期間中のバイオ潤滑剤市場の成長を制限する可能性があります。また、もう1つの注目すべき要因は、世界のバイオ潤滑剤の消費が世界の先進地域に大きく傾いていることと、最終用途産業の存在感が強いアジア太平洋などの他の地域の一部が、世界のバイオ潤滑剤のシェアをかなり低くしていることです。消費。したがって、これらの地域での消費の増加は、予測期間中に世界のバイオ潤滑剤市場の成長を推進する可能性があります。ただし、反対に、これらのバイオ潤滑剤の比較的高い価格は、予測期間中に世界のバイオ潤滑剤市場の成長を妨げる可能性があります。バイオ潤滑剤の需要が高まるにつれ、

世界のバイオ潤滑剤市場: セグメンテーション

ソースに基づいて、世界のバイオ潤滑剤市場は次のように分類されます。

  • 食用油と非食用油
  • 動物性脂肪
  • その他

アプリケーションに基づいて、世界のバイオ潤滑剤市場は次のように分割されます。

  • 自動車
  • グリース
  • 工業用潤滑剤
  • 金属加工
  • 油田
  • その他

最終用途産業に基づいて、世界のバイオ潤滑剤市場は次のように分割されます。

  • 自動車産業
  • 海洋産業
  • 工事
  • 石油ガス
  • その他

世界のバイオ潤滑剤市場: 地域別の見通し

世界のバイオ潤滑剤市場は、北米、東ヨーロッパ、アジア太平洋、日本、中東およびアフリカ、ラテンアメリカ、西ヨーロッパの7つの主要な地域セグメントに分けることができます。世界のバイオ潤滑剤の消費は、主に北米とヨーロッパによって支配されています。北米では、米国は、特に油圧作動油の用途向けの生体潤滑剤の主要な消費者です。国内のバイオ潤滑剤の消費量は、予測期間にわたって着実な成長を記録すると予想されます。西ヨーロッパは、バイオ潤滑剤の2番目に大きな消費者市場です。欧州委員会の 欧州エコラベル バイオ潤滑剤の標準仕様を定め、ヨーロッパでのバイオ潤滑剤の使用を強調する厳しい規制は、予測期間にわたってバイオ潤滑剤の需要の着実な成長を促進すると予想されます。西ヨーロッパでは、ドイツに続いて北欧諸国がバイオ潤滑剤の主要な消費者です。また、アジア太平洋地域のバイオ潤滑油市場は着実な成長が見込まれますが、主に厳しい規制の欠如と石油ベースの潤滑油とバイオベースの潤滑油の価格差により、従来の潤滑油の消費が引き続き支配的であると予想されます。

重要な地域の広範なリストを受け取るには、ここで目次を要求してください@  https://www.persistencemarketresearch.com/toc/12157

世界のバイオ潤滑剤市場: マーケットプレーヤー

世界のバイオ潤滑剤市場で活動しているプレーヤーの一部は次のとおりです。

  • トータルSA
  • ロイヤルダッチシェルPLC
  • エクソンモービル株式会社
  • シェブロン株式会社
  • BP PLC
  • アルベマール・コーポレーション
  • KlüberLubricationMunichSe&Co。Kg
  • ポルノックス株式会社
  • 再生可能な潤滑剤
  • アルトラネックス株式会社
  • エメリーオレオケミカル
  • フックス・ペトロルブSE

調査レポートは、市場の包括的な評価を提示し、思慮深い洞察、事実、履歴データ、および統計的にサポートされ、業界で検証された市場データを含みます。また、適切な一連の仮定と方法論を使用した予測も含まれています。調査レポートは、地域、アプリケーション、業界などの市場セグメントに応じた分析と情報を提供します。

独占アナリストサポートのために今すぐ事前予約@ https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/12157

私たちについて: 永続性の市場調査

お問い合わせ:
米国

住所– 305 Broadway、7th Floor、New York City、NY 10007 United States
U.S. Ph。– + 1-646-568-7751
USA-Canadaフリーダイヤル– +1 800-961-0353

日本

1-2-1錦糸アルカ中央ビル14/F東京、130-0013日本

電話0800-222-1088
セールス –  sales@persistencemarketresearch.com
ウェブサイト –  https://www.persistencemarketresearch.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。