日本の産業用空気圧縮機市場は、2020-2026年の予測期間中に3.3%のCAGRで成長すると予想されています

日本の産業用空気圧縮機市場は、予測期間中に約3.3%のCAGRで緩やかに成長すると推定されています。 日本は世界の先進国の一つです。 国の製造部門を促進するための結束した政府の政策とイニシアチブは、国の産業用空気圧縮機市場に大きな成長機会を提供することが期待され 経済産業省は、2017年4月に「産業バリューチェーン構想(IVI)」を立ち上げました。 このイニシアチブは、製造工場を接続し、国の業界標準がグローバルレベルで維持されるようにするために開始されました。 この発表により、富士通、日産自動車、パナソニック、三菱などの主要な業界のプレーヤーは、より大きな有効性と効率を達成するために生産に革命を起こし、技術のための基準を設定しています。

日本の産業用空気圧縮機市場に関する報告書のサンプルを要求するには:https://www.omrglobal.com/request-sample/japan-industrial-air-compressor-market

日本の産業用空気圧縮機市場は、タイプ、技術、およびエンドユーザーに基づいてセグメント化されています。 技術に基づいて、市場は動的変位および肯定的な変位の圧縮機に分類されます。 動的変位の圧縮機の区分は軸流れの空気圧縮機および遠心圧縮機に更に区分される。 一方、肯定的な変位の圧縮機の区分は回転式空気圧縮機および交換の圧縮機に更に区分されます。 なお、回転圧縮機は交換がダイヤフラムの複動および単動圧縮機を含んでいる間丸い突出部、ねじ、液体リング、スクロール及びベーンの圧縮機を含んで タイプに基づいて、市場は携帯用および静止したに分類されます。 エンドユーザーに基づいて、市場は食品および飲料、石油およびガス、製造業、エネルギーおよび電力、自動車、およびその他に区分されています。

(このレポートを購入すると15%割引になります)

日本の産業用空気圧縮機市場の完全なレポートはで入手可能です:https://www.omrglobal.com/industry-reports/japan-industrial-air-compressor-market

日本の産業用空気圧縮機市場の細分化

タイプ別

*携帯用

*静止した

技術によって

*動的変位の圧縮機

*軸流れの空気圧縮機

*遠心圧縮機

*肯定的な変位の圧縮機

*回転式空気圧縮機

*圧縮機の交換

エンドユーザーによる

*食品&飲料

*オイル及びガス

•エネルギーおよび力

*製造業

*自動車

·その他(建設-鉱業)

会社概要

*エアマンアジアSdn Bhd社(北越工業株式会社) (株)エヌ-ティ-ティ)

*アトラスコプコAB

*バウアーコンプレッサー株式会社

*エリオットグループ

*ゼネラル-エレクトリック株式会社

*株式会社日立製作所

*インガーソル-ランドPLC

*神戸製鋼所

*三国建設工業株式会社 (株)エヌ-ティ-ティ

*三菱重工コンプレッサー株式会社

*シーメンスAG

私達から買う理由 –

1. 私たちは15以上の主要産業をカバーし、さらに90以上のセクターに分かれています。

2. 120以上の国が分析のためのものです。

3. 調査のために採掘された100以上の有料データソース。

4. 私たちの専門家の研究アナリストは、あなたのレポートを購入する前と後にすべてのご質問にお答えします。

オリオン市場調査について

オリオン市場調査(OMR)は、その鮮明で簡潔なレポートで知られている市場調査とコンサルティング会社です。 同社は、アナリストやコンサルタントの経験豊富なチームが装備されています。 OMRは質のsyndicated研究のレポート、カスタマイズされた研究のレポート、相談および他の研究基づかせていたサービスを提供する。

メディアへのお問い合わせ:

会社名:オリオンマーケットリサーチ

連絡窓口:氏Anurag Tiwari

電子メール:info@omrglobal.com

お問い合わせ番号:+91 7803040404

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です