銅マグネットワイヤー市場–グローバル産業分析と機会評価2021 – 2031

銅マグネットワイヤー市場予測とCAGR

調査によると、 銅マグネットワイヤー市場 は地域全体で着実に成長し、2021年から2031年の予測期間にわたって約5%のCAGRで拡大すると予測されています。車両の電動化は、市場成長の主要な推進要因の1つです。

銅のマグネットワイヤーは、自動車および運輸業界にどのように価値を提供しますか?

現在、さまざまな種類のマグネットワイヤが市場に出回っています。それらは、エナメル線や被覆線などのさまざまな製品タイプに及びます。これは、電気、電子、自動車、運輸などのさまざまな業界で使用される、史上最大のイノベーションの1つになりつつあります。

新しいモーター技術の出現により、モーター用途でのマグネットワイヤーの消費は急速な成長を遂げています。電気自動車の駆動モーターを中心としたモーター設計技術の進化と今後の展開は、マグネットワイヤーの売上に大きな影響を与えています。

市場プレーヤーの全リストについては、こちらからサンプルをリクエストしてください–  https://www.persistencemarketresearch.com/samples/32794

運輸およびエネルギー部門は、電気自動車のエネルギー生成および送電、ならびに産業用およびオフグリッド配電ネットワークのエネルギー貯蔵装置に使用される電気駆動装置からの範囲が急増しているため、銅マグネットワイヤの大量需要を提供すると予想されます。

環境問題に取り組むためには、大気汚染や資源枯渇などの環境への影響や、地球温暖化を防ぐためのCO2排出量を削減する必要があります。自動車および運輸業界が最も多くのCO2を排出し、次にエネルギー変換セクターおよび産業セクターが続きます。

ハイブリッド電気自動車(HEV)、プラグインハイブリッド車(PHEV)、バッテリー電気自動車(BEV)などの電気自動車(EV)は、規制上の要求を満たすために急速に増加しています。

どの新しいトレンドが銅マグネットワイヤー市場を形作っていますか?

エナメルコーティングを除いて、覆われたマグネットワイヤにはかなりの利点があります。ガラス繊維で包まれたワイヤーは、高温多湿での優れた均一性と電気的品質の結果として、より一般的になりつつあります。変圧器油などの油と一緒に使用すると、紙で覆われたワイヤーは見事に機能します。

芳香族ポリイミドテープで覆われたワイヤーは、ガラス繊維で覆われたワイヤーよりも大きなスペースファクターを提供し、クラスHの耐熱性基準を完全に満たしています。自動車の電気モーター、大型の直流機器、および乾式変圧器はすべてこのワイヤーを使用します。

マイカテープで覆われたワイヤーは、再構成されたマイカをポリエステルテープに接着し、一緒にテープで固定することによって作られます。スペースファクターの観点から、ワイヤーはガラス繊維でコーティングされたワイヤーよりも好ましいです。それは主にコンパクトな回転機械のガラス繊維で覆われたワイヤーの代わりとして利用されます。

高圧コロナ抵抗の点で、このワイヤーはグラスファイバーで覆われたワイヤーには及ばない。被覆線のこれらの新しい傾向は、世界市場の成長に大きな影響を与えています。

マーケットプレーヤーの全リストについては、こちらからTOCをリクエストしてください–  https://www.persistencemarketresearch.com/toc/32794

北米市場の見通し

米国では、ワイヤーメーカーは銅線のエナメル加工の傾向に熱心に取り組んでいます。市場の成長は、近代的な産業施設での使用を管理する厳格な政府の法律や規制の導入によって支えられてきました。

米国市場では、105°Cから240°Cの範囲の熱クラスのワイヤが入手可能です。伸線プロセス、エナメル加工、パッケージングの専門分野は、ワイヤー生産における地域の能力を引用している地域のハイライトのいくつかです。これらの要因はエンドユーザーに魅力的であり、北米の市場を上昇させました。

アジア太平洋地域の需要見通し

この地域のマグネットワイヤー産業は、この地域の輸送および電気および電子産業の増加のおかげで成長しています。中国は、この地域で最大のマグネットワイヤーの消費国の1つです。風力エネルギー事業では、国がマグネットワイヤーの最大のユーザーになり、その地位をさらに向上させることが期待されています。

主要な銅マグネットワイヤーメーカーもこの地域に存在します。この地域では、さまざまな最終用途産業で使用するための高品質のマグネットワイヤの開発に大きな重点が置かれています。新興市場での戦略的成長に依存して、企業はこれらの地域での地域拡大に非常に焦点を合わせています。これらの要因は、アジア太平洋地域の銅マグネットワイヤー市場の成長を推進します。

ここでレポート事前予約への完全なアクセスを取得–  https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/32794

銅マグネットワイヤーの主要なメーカーとサプライヤーは誰ですか?

主要なメーカーとサプライヤーの一部は次のとおりです。

  • レミントンインダストリーズ
  • 日立金属株式会社
  • S&Wワイヤーカンパニー
  • エセックス古川マグネットワイヤーLLC
  • Brocott UK
  • クレイグワイヤープロダクツLLC
  • レアマグネットワイヤーカンパニー株式会社
  • アルコネックススペシャリティプロダクツ株式会社
  • メトロッドホールディングスベルハッド
  • EISレガシーLLC。

…………………………………………………………………………………………………………………………………… ………………………………………

私たちについて:
パーシスタンスマーケットリサーチは、顧客体験の向上に関するワンストップソリューションを企業に提供するためにここにあります。それは、「顧客関係」と「ビジネス成果」の間の「欠けている」リンクとして機能することにより、顧客体験に価値を付加するためのパーソナライズされた顧客インタラクションを経た後、適切なフィードバックを収集することに従事します。可能な限り最高の収益が保証されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。